Q. 電験3種の市販書には、本当に無駄な箇所はあるの?

あります。

別のご質問(Q. 別途、電験3種の市販書を買う必要はあるの?)にありますとおり、参考書は必要なものですが、以下のような弱点もあります。

内容の難しさ
電験3種の市販書は、どこから出題されてもいいように出題範囲全てをカバーしていますが、ページ数の制約上あまり丁寧な解説が出来ない為、難易度が高くなりがちです。

勉強量の多さ
「公式1つ覚えておけば正解できる問題」の場合でも、それらの理屈が沢山書いてあり、「全部理解しないと合格できないのか」と途方にくれてしまいがちです。

電験3種試験合格の為に高度な内容全てを理解する必要はなく、本当に必要な勉強に絞ればいいのですが、どこが必要でどこが不要なのかが分かりにくくなっています。

その点をカバーするために、当サイトの電験3種テキストには以下の特徴を持たせました。

合格に必要な頻出問題は丁寧に解説(ページ数の制約は設けていません。必要なだけ解説します。)
出題頻度の低い問題は、ほぼカット(30年分以上の出題分析をしているからこそ可能な方法です。)

当サイトの電験3種テキストは「勉強の効率化」に特化しており、ご利用者様は特に意識することなく、必要な勉強だけを出来るように(不要な勉強をする必要がないように)工夫を凝らしてあります。


前へ戻る