市販の参考書『大は小をかねる』

電験3種試験の出題範囲は多岐に渡りますので、試験勉強の時間をしっかりと確保する必要があります。
そして、せっかく確保した勉強時間は有意義に使いたいものです。

ですが、大多数の方は、やる必要の無い勉強にも時間をかけてしまっています。なぜでしょうか?

原因の1つとして考えられるのは、市販の電験3種参考書での勉強の仕方です。

市販の参考書は多くの方が試験勉強の手段として使用されていることと思います。

参考書に掲載されている内容は、当然出題範囲だと判断し、地道に全ての頁を勉強していくと思います。
電験3種試験の参考書ですから、そう判断してしまうのは当然といえば当然です。

ですが、効率の良い勉強をする、という観点で見ると間違っています。

まずは「市販の参考書を鵜呑みにしない」という視点を持つことが大切です。

市販の参考書は『大は小をかねる』 で過剰気味な内容になっていて、出題範囲外、もしくは、出題頻度が非常に低い、といった項目も多数掲載されています。

ここが、電験3種試験合格の為には、ムダ、ということになります。
(一概に市販の参考書がダメだといっている訳ではありません。その全てを覚えられるのならば、電験3種試験に合格できますので。)

多くの受験生は限られた時間の中で勉強されていますので、参考書を鵜呑みにして、無駄な時間を費やして欲しくないのです。

その限られた時間の中で、最も効率よく勉強するにはどうしたら良いのか・・・

当サイトは、それを真剣に考え、合格ノウハウを「電験3種テキスト」、「小技・セオリー集」という形にしてご提供しております。


前へ戻る