08.マークミスに注意

この問題は後回し、分からないから飛ばす、など問題順どおりに解答しない場合もあるかと思います。むしろ分かりそうな問題からどんどん解いていった方が良いです。

ですがここで注意点があります。飛ばした問題のマーク欄は空欄となりますが、次の問題の解答をこの空欄に書き込まないようにして下さい。マークミスの大半の原因はこれです。

せっかく正しい答えを導き出せていてもマーク欄がずれていたら、最悪それ以降の解答が全て不正解になってしまいます。

後回しで解答する、といった場合のマーク欄の空欄は仕方ないですが、考えても分かりそうもないような問題でしたら、その場でとりあえずマーク (参照→とりあえず全てにマーク) してしまった方がマークミスは減らせるかと思います。


前へ戻る