28.「覚える」の勘違い

ひたすら覚えれば電験3種試験に合格できるでしょうか?

このひたすら覚える、は「暗記のことだ」と解釈されやすいですが、「覚える」には大きく分けて2種類あります。

1) 単純にひたすら暗記する
2) 解き方(の流れ)を理解する

1) については言うまでもなく、公式や条文等を丸々理屈抜きで覚えることです。単純な暗記というのは歳を追うごとに苦手になってくるものですが、繰り返し覚えるしかありません。

つい見落としがちなのは 2) です。過去問を理屈抜きで丸々暗記するのではなく、解き方の方法、流れを理解することに重点をおいて勉強を進めてください。

丸々暗記することで何となく理解できた気になってしまいますが、過去問の解き方を単純な暗記で済ませてしまうと、そっくりそのままの類似問題が出題されない限り対応できなくなってしまいます。過去問とそっくりな問題もありますが稀です。

したがって、解き方(の流れ)を理解することを念頭に置きながら勉強してください。

そうすることによって、同一問題でなくても対応できるようになってきます。


前へ戻る