32.すぐ正解を確認しない

電験3種試験の過去問を解いている際、こうだったかな?違うかな?と半信半疑になる箇所が出てくると思います。

この時、すぐ解答を確認するのではなく、間違っていてもいいので最後まで解いてみて下さい。

この状態ではじめて解答を確認することによって、問題の印象が頭に残りやすくなります。

・この部分の考え方が間違っていた
・ここが予想と外れていた
・この考え方が抜けていた

というように、すぐ正解を見てしまうだけでは得られない思考回路が働き、理解度が飛躍的に上がります。

全く解答できない、というのなら仕方ありませんが、曲がりなりにも解答まで辿り着けそうでしたら最後まで問題を解き、ご自身の考えと正解を突き合わせてみてください。


前へ戻る