科目別合格制度

4科目(理論、電力、機械、法規)全て合格することにより、第3種電気主任技術者(電験3種)試験合格となりますが、ある科目だけ合格すると科目合格者となり、一定の条件のもと、その後の試験が免除されます。

科目合格した科目は、合格年を含め3年間有効ですので、最大3年間で4科目に合格すれば、第3種電気主任技術者(電験3種)試験合格となります。

以下に一例を挙げます。

<合格パターン>
理論のみ1年目で科目合格するが、機械が中々合格できず、3年目で科目合格できた場合

 1年目2年目 3年目
理論合格試験免除試験免除
電力不合格合格試験免除
機械不合格不合格合格
法規不合格合格試験免除
合格
状況
電力、機械、法規の科目合格が必要機械の科目合格が必要電験3種試験合格

<理論の試験免除が白紙になるパターン>
理論のみ1年目で科目合格するが、機械のみ3年目でも科目合格できなかった場合

 1年目2年目 3年目4年目
理論合格試験免除試験免除 再受験
(試験免除白紙)
電力不合格合格試験免除 試験免除
機械不合格不合格不合格再受験
法規不合格合格試験免除試験免除
合格
状況
電力、機械、法規の科目合格が必要機械の科目合格が必要3年目の機械が不合格翌年、電力、法規の試験免除も白紙


前へ戻る