合格ノウハウ(概要)

ここでは、電験3種試験に合格する為に必要な合格ノウハウを、どのような形でご提供しているのか、その概要をご説明いたします。

本サイトでは、電験3種過去問題分析を行い、下記の分析資料をご提供しております。

<1> 電験3種 過去問題分析資料
(理論、電力、機械、法規の4科目分)

<2> 重要公式集
(理論、電力、機械、法規の4科目分)

<3> 小技・セオリー集
(上記<1><2>のように4科目毎には分かれていませんが、4科目全てに適応できます。)

※いずれもA4サイズのPDF形式です。PCや大型タブレットでの閲覧、もしくは紙面での印刷を想定して作成してあります。

イメージを掴んでいただく為に、上記<1>~<3>のうちの1つである、「<1>電験3種 過去問題分析資料 (理論)」の全頁サンプルをご覧ください。

>>電験3種 過去問題分析資料の1つ、理論のサンプル

※申し訳ございませんが、詳細部の確認はできません(塗潰し箇所あり)。分析資料のイメージ(ボリュームなど)の確認用としてご参照ください。

また、電験3種試験の出題範囲を、本サイト独自の方法で、以下のように分類しました。

<出題範囲の効率的な分類>

この分類法は、一般的な電験3種試験の過去問題集や参考書とは一味違ったものになっています。電験3種の過去問題を体系的に効率よく勉強する為に、思考錯誤の末に導き出した結果を反映させています。

電験3種の勉強法には、まず 「過去、何がどれだけ出題されたのか?」 を把握することが重要です。

頻出問題を重点的に勉強し、滅多に出題されない、若しくは、電験3種のレベルを逸脱しているような出題は無視する、といった効率の良い勉強が必要だからです。

本サイトでご提供しております過去問題分析資料では、頻出問題をより詳しく集中的に解説するとともに、無視すべき出題も「その他」等に分類してあります。

無視すべき出題の掲載は不要、という考えもあるかもしれませんが、「まずは過去問題を把握」するという意味では必要だと考えます。

当然、把握できた後は一切無視して、頻出問題の勉強を重点的に、そして効率的に進めてください。

皆さんは電験3種の勉強法に悩む必要はありません。本サイトの過去問題分析資料で勉強していただくだけで良いのです。

本サイトでご提供しております電験3種 過去問題分析資料等の詳細、具体的なサンプルページをご確認されたい方は、トップページにお戻りいただき、「合格ノウハウ(詳細)」をご参照下さい。

前へ戻る