合格ノウハウ(詳細)

ここでは、実際にどのような電験3種合格ノウハウ集 (過去問題分析資料、重要公式集、小技・セオリー集) をご提供しているのか、豊富なサンプルを交えて特長を説明させていただきますので、少々おつきあい下さい。

電験3種過去問題 出題頻度付
区切り線
[電験3種 出題頻度サンプル]

先に示した分類ごとに、出題頻度を5段階で表しています。

これはあくまでも目安となりますが、あなたの苦手な範囲が頻出なのかどうか、どこから勉強を進めていくべきか、等のご参考としていただく指標となります。

電験3種 重要公式集
区切り線
[電験3種 重要公式集サンプル]

電験3種試験の中で、出題頻度の高い公式を掲載しています。

それぞれの公式は、「電験3種 過去問題分析資料」にもちりばめられていますが、この重要公式集ではそれらを体系的にまとめてあります。

電験3種試験は公式丸暗記だけでの合格は難しいですが、逆に公式を知らなければ全く解けない出題も多々あります。

プリントアウトし常に持ち歩いて、すりきれるまで眺めてください。電験3種試験への理解が深まり、驚くほど問題が解けるようになっているはずです

市販の電験3種公式集とは趣向が違います。頻出公式に的を絞って整理してありますので、無駄な公式を覚える必要がありません

小技・セオリー集
区切り線
[電験3種 小技・セオリー集サンプル]

電験3種の出題に正解するには、様々なコツが必要です。参考書で理屈を理解しただけでは解答が難しい場合が多々あります。

・最短距離で解を求める方法、

・出題文のどこに着目すれば良いのか、

・出題で与えられた数値・条件を使用するタイミング、

・解答をあきらめる前にこれを試す!

など、独自の解法・考え方があります。

皆さん頭の中では少なからず上記のようなことを考えていると思いますが、整理して目に見える形にすることにより、より明確に解答のコツを頭の中にインプットできるようになります。

これらを公開している電験3種の参考書、教材は、私の知る限り存在していませんので、非常に貴重な資料となります。

4科目全てに適応可能な受験のコツを網羅しておりますので、科目の境界を超えて、電験3種の出題範囲全ての理解を助けます。

ポイントを簡潔にまとめてあり、傾向がつかみやすい
区切り線
[電験3種 出題傾向サンプル1]
[電験3種 出題傾向サンプル2]

まず【Point】により重要ポイントを簡潔に示し、それを用いて解答する実際の【出題分析】を続けて複数年分掲載しています。

重要ポイントを押さえ、それをどのように出題に適用させれば良いのか、が明確になり、体系立てた勉強が可能になります。

電験3種試験の出題は広範囲に渡りますので、これからどのような勉強をするのか、という目的意識を持ち、効率的な勉強をする必要があります。それを実現させる構成となっています。

類似問題の毎年の変化が分かる
区切り線
[電験3種 類似問題サンプル1]
[電験3種 類似問題サンプル2]

過去問題と(ほぼ)同一な出題というのは稀ですが、だからといって過去問題をないがしろにして良いというわけではありません。

よくよく分析してみると、出題の仕方に変化をつけているだけで、出題者が要求してくる内容は実は同じだった、というような出題は数多くあります。

時代の変化に合わせた新たな出題も勿論ありますが、電験3種試験として重要な出題は昔からずっと変わらない、ということです。ここが基本を大切にしなければならないといわれる所以です。

「その年度ごとの出題がどのように変化しているのか」については、本サイトでご提供しております「電験3種 分析資料」を読み進めていただくだけで明確になります。

関連のある出題間がリンクしている
区切り線
[電験3種 出題間リンクサンプル1]
[電験3種 出題間リンクサンプル2]

電験3種試験には、理論、電力、機械、法規の4科目がありますが、その科目を超えて関連のある出題間がリンクしているので、例えば、理論のこの過去問題が理解できれば、電力のあの問題も解ける!というように効率的に勉強が進められます。

効率的な勉強を続けて理解できる範囲が増えてくると、勉強に張り合いがでますし、電験3種試験合格への自信も益々ついていきます。

解答例を豊富に掲載
区切り線
重要ポイント、重点的に勉強する必要がある範囲、逆に勉強する必要のない範囲、などを分かりやすく整理してあるだけでなく、電験3種試験での実際の出題とその解答例も豊富に掲載してあります。

重要ポイント(公式など)を理解するだけ、または、過去問題をただ解くだけ、では電験3種試験合格は難しいと思います。

本サイトにて、その両者を総合的に効率よく勉強していただくことにより、飛躍的な勉強効果を得ることが可能です。

市販の参考書のムダなページを省ける
区切り線
勉強の習熟度によっては市販の参考書が必要になってくる場合があります。
(初学者の方は参考書をご用意されたほうが良いかと思います。)

その参考書を1頁目から順に淡々と勉強した場合、時間がいくらあっても足りませんし、何より、出題されることの無い頁まで勉強するのは時間のムダです。

本サイトの電験3種 過去問題分析資料にて、過去の出題内容、重要ポイント、逆に勉強不要な範囲を確認し、参考書にマーキングしてみて下さい(勉強不要な頁にバツ印をつけるなど)。

電験3種試験の出題は広範囲に渡りますので、「とにかくムダは排除!」の心構えを常に持っていただくことをおすすめいたします。

自分だけの電験3種弱点集が簡単に作れる
区切り線
本サイトでご提供しております、電験3種 過去問題分析資料、重要公式集、小技・セオリー集は、PDFファイル形式(A4サイズ)になっています。

苦手な範囲を印刷し、自分だけの電験3種弱点集を作成したり、重要公式集を縮小コピーして、空き時間にパッと眺められるようにしたりと、ご利用方法は様々です。

ユーザー様ご自身によるカスタマイズにより、更に効率的な勉強が可能になります。


電験三種試験合格ノウハウ(詳細)のご紹介は以上となります。大まかにはご理解いただけましたでしょうか?

出題範囲をじっくり研究、苦手な範囲の克服、時間が無い場合の重要範囲のみの集中的な勉強など、様々な目的でご利用いただくことができますので、勉強効率飛躍的アップのツールとして自信を持っておすすめいたします。

前へ戻る