電気計器まとめ

投稿者: | 2019年4月24日

(ポイント)
電気計器の出題ポイントを簡潔にまとめました。
小難しい計器の仕組みを覚えるより先に、以下の内容を読み込んでください。

10-1 理論 電気計器 POINT01

<可動コイル形>
・ 「固定された永久磁石の磁界」 と 「可動コイルの電流が作る磁界」 との間に生じる電磁力により、可動コイルを駆動します。
・ 指示値は、平均値です。

<整流形>
・ ダイオードなどで交流を直流に変換し、可動コイル形の計器で指示します。
・ 測定信号の波形が正弦波形よりひずむと 誤差を生じます。

<熱電形>
・ 計器内を流れる電流により熱せられた熱電対が起電力を生じ、可動コイルを駆動します。
・ 電流によって発熱させ電流測定するため、低周波(直流含む) から高周波まで測定できます。
・ 電流によって発熱させ電流測定するため、波形、周波数による測定誤差が小さくなります。
・ 過負荷に弱には弱いです。
・ 指示値は、実効値です。

<電流力計形>
・ 「固定コイルの電流が作る磁界」 と 「可動コイルの電流が作る磁界」 との間に生じる電磁力により、可動コイルを駆動します。
・ 電磁力によって可動部を駆動するため、高周波に不向きです。
・ 直流及び交流(商用周波数)で使用可能です。
・ 電力計として使うときは、一方を電流コイル、他方を電圧コイルとして使います。

<可動鉄片形>
・ 「固定コイルの電流が作る磁界」 と 「その磁界により磁化された可動鉄片」 との間に生じる力で駆動します。 または、コイルに流れる電流により、固定鉄片及び可動鉄片を磁化し、両間に生じる力で可動鉄片を駆動します。
・ 電磁力によって可動部を駆動するため、高周波に不向きです。
・ 丈夫で安価である為、商用周波数用に広く用いられています。
・ 指示値は、実効値です。

< 誘導形>
・ 固定電圧コイルに負荷電圧を加え、固定電流コイルに負荷電流を流し、これらで発生する負荷電力に比例するトルクで回転円板を回転させます。
・ 電磁力によって可動部を駆動するため、高周波に不向きです。

<静電形>
・ 固定電極と可動電極との間に生じる静電力により、可動電極を駆動します。
・ 静電力によって可動部を駆動するため、高周波に不向きです。
・ 低い電圧では駆動トルクが小さく誤差が大きくなる為、高電圧測定用の電圧計として用いられます。


前へ戻る